ご祝儀袋はどう選べばいいの!?

ご祝儀袋にも色々あることをご存知でしょうか。実は冠婚葬祭のマナーとして、常識的なものとなっています。正しい冠婚葬祭のマナーを身につけて、適切なご祝儀袋を選びましょう。

ご祝儀袋の結び目には様々なものがある

結婚式のご祝儀袋には、金や銀の結び切り、あわじ結びがされたものを使います。蝶結びのものがありますが、これはダメです。絶対に使ってはいけません。なぜかというと、蝶結びのような何度でも結べるものだと、すぐにほどけてしまう=縁がほどけてしまう、と解釈するからです。一生に一度の縁結び、誰も別れることを前提に結婚などしませんね。ですからわたしはずっと続いて欲しいという念をこめていますという思いを現すためにも、結び切りやあわじ結びがされているものをご祝儀袋として使うのです。決して、わたしの好きだった○○さんと結婚するなんて許せない、さっさと別れてほしい!などと恨みつらみをこめながら蝶結びのご祝儀袋など渡してはいけませんよ!

ご祝儀袋は包む金額で変わる

ご祝儀袋は包む金額に合わせたものを使うのが良いでしょう。
基本的には、2万円以下であれば、金銀の水引きをあわじ結びにしたものを使います。
3万円程度であると、これに装飾がついたものを選びます。
5万円以上になると、程度の良い和紙を用いたものを使います。装飾も、3万円程度のものに比べて、ますます華美なものを使います。

結婚式のご祝儀袋は上包みで!

結婚式などの喜ばしいことに渡すご祝儀袋は、上包みで渡すのが良いです。たとう折りとも呼ばれています。この包み方は、ご祝儀袋の裏側の折り返しを、上側の折り返しに下側をかぶせるように折ることからそう呼ばれています。ご祝儀袋の裏側の折り返しは、慶事は下側を上に、弔事は上側を上に、と決まっていますので、注意してください。

ご祝儀袋の中袋

市販でご祝儀袋を買ったりすると、必ず中袋がついています。基本的にご祝儀袋は、現金を直接包むのではなくて、現金を中袋に入れ、その上からご祝儀袋をかぶせて1セットとします。たまに中袋を忘れて、ご祝儀袋で直接包んでしまう人がいますので、注意してください。また、中袋に現金を入れたはいいものの、ご祝儀袋の中に中袋を入れ忘れてしまう人がいます。この場合、ご祝儀袋の中は空になってしまいますので、絶対にやめてください。