ご祝儀袋ってどこに売ってる?どこで買うのがいい?と悩んでいる人はかなりいると思います。そんなことはない。コンビニとかで買えばいいんじゃない?という人もいるでしょう。しかし、コンビニで買うというのは、なんとなく違う感じがしますよね。では、実際にご祝儀袋というのはどこに売っているものなのでしょうか?そしてご祝儀袋をどこで買うのがおすすめなのでしょうか?

実際のところ、ご祝儀袋は、スーパー、ホームセンター、デパート、文房具店…最近は色んなところで売っています。あるいは、翌日が結婚式なのに深夜に「あ!ご祝儀袋買い忘れた!」という人いるでしょう。そういう、少し粗忽な人にとってはコンビニが便利ですよね。ご祝儀袋はコンビニにも売っています。つまり大概の店には売っています。百均にも置いてありますし、本屋でも置いていることもあります。

しかしご祝儀袋が売っている種類が多いのはやはり文具店やデパートです。ご祝儀袋を買う場所はどこでも問題ありませんが、金額によってご祝儀袋の種類は変わってきますので、その点、ご祝儀袋の種類が豊富なデパートなどで買うのが安心です。売っているご祝儀袋の種類が多いと自分が包む金額に合わせて買うことが出来ます。更には、デパートだと字に自信が無い方でも、デパートのスタッフがご祝儀袋の表書きのあなたの名前を書いてもらえます。さらに袱紗を持ってない方でも、1緒に買って帰れますのでおすすめです。

ご祝儀袋の選び方とは

まずここではご祝儀袋選びのポイントについて紹介します。

ご祝儀袋の水引の色や本数
1つ目のポイントは水切りですが、蝶結びはNGです。蝶結びがNGなのは、結び直すことのできる水引は何度も繰り返してほしいお祝いごとに使う物であって、1度きりが良いとされる結婚という場では縁起が悪いとされています。あわび結びなどの結び切りの水引きにしましょう。正式なものは10本の金銀の水引きです。しかし、赤白でも問題はありません。包む金額によって色を変えるのがベストです。金額的にはどのような使い分けをするのかというと、1般的には3万円以下なら赤白の水切り、それより高額なら金銀の水切りです。

ご祝儀袋の短冊の文字

2つ目のポイントはご祝儀袋の短冊に書かれている字です。短冊の文字については「寿」と書かれたものを選びましょう。なお、「御結婚御祝」と書かれたものもあります。使用しても問題ありませんが、正式なものは「寿」と書かれた物です。また、あまりみかけませんが、「御結婚祝」など4文字のものは避けましょう。

ご祝儀袋ののしや飾り

3つ目のポイントはのしと飾りです。こちらも包む金額によって色々と種類があります。3万円未満は熨斗が付いているだけのシンプルなご祝儀袋良いですが。3万円~5万円なら熨斗以外に多少の飾りはあったほうがよいでしょう。包む金額が5万円以上なら熨斗にプラスして豪華な飾りが良いです。松に加えて鶴の飾りなどがおすすめです。

ご祝儀袋に包む金額とその他マナーについて

相場は結婚式に出席で20代であれば3万円以内が相場です。欠席の場合は1万円以内とされています。20代なら親しい相手であれば3万円、そこまででなければ2万円でもかまわないでしょう。以前は「割り切れる偶数の2万円はダメ!」と言われていましたが、今は2万円はペア(カップル)を連想させるのでそこまでタブー視されていません。「しかし、やはり1万円2枚入れるのは縁起が悪いのではないか」と思う方は1万円札を1枚プラス5千円札を2枚にして全部で3枚にしましょう。なお、ご祝儀袋に入れるお札は必ず新札です。

向きに関しては地域によって異なる場合がありますが、基本的には向きは同じ方向にして、お札の表が揃えるようにしましょう。