悩むところの多い、誰をゲストに呼ぶか

新郎新婦にとって、結婚式で一番悩むのは、誰をゲストとして呼ぶかを考えることではないでしょうか。気心のしれた、家族や友人だけでよいのならそんなに苦労もしませんが、社会的に地位があったりすると付き合いもあり、あまり親しくないような方でも呼ばざるをえなくなるでしょう。そうした時に、誰を呼んで、誰を呼ばないかというのは、非常に悩むところですよね。では、実際のところ、結婚式というのは誰を呼ぶべきなのでしょうか。

やはり悩むのは仕事関係の人選

家族や友人を結婚式に呼ぶことに抵抗は無いでしょうが、仕事関係の人となると、そうもいかないのが人情でしょう。会社員の方であれば、勤め先の上司や同僚を呼ぶべきですが、誰を呼んで誰を呼ばないというのは難しいものです。あの人は呼ばれたのに、なんでわたしは呼ばれなかったの!というようなトラブルは珍しくありません。では、どうすればよいでしょうか。
ポイントは、できるだけ、誰が見ても明確な基準で選んだというのが分かりやすい人選をすることです。例えば、自分の所属している部署の人だけを呼ぶなどすれば、そういう人選をしたんだなと誰でも分かるので、後でトラブルとなるようなことは少ないはずです。

近年ではあえて仕事関係の人を呼ばないことも

近年では、仕事関係の人が多すぎたり、仕事関係の人を選ぶのが難しいという人は、あえて呼ばない場合もあります。確かに感じのいいものではないのかもしれませんが、親しい知人のみとあえて限定することで、逆にすがすがしくもあります。職場の人間関係をプライベートに持ち込むのを嫌う、現代人ならではの感覚でしょうか。この場合のポイントは、仕事先にはきちんとプライベートな関係の人しか呼ばないことを伝えておくことですね。

逆に結婚式に呼ぶ人がいない場合

世の中難しいもので、結婚式に誰を呼んだらいいか困る人もいれば、逆に呼べる人がそもそもいない、というような人もいます。新郎新婦で付き合いの大小の幅が異なる場合などに、この悩みは多いでしょう。一方のゲストの人数に合わせるために、結婚式のゲストのふりをしてくれる、サクラのようなサービスもあります。結婚式のゲストとして参加して、知人友人のように振舞ってくれるわけです。少し寂しいですが、どうしても招待客の人数を合わせる必要がある場合に活用してみましょう。